2枚買ってデザインつなげて 売木と豊丘の道の駅が記念きっぷ

2枚買ってデザインつなげて  売木と豊丘の道の駅が記念きっぷ

 全国の道の駅で販売されている記念きっぷで、売木村の道の駅「南信州うるぎ」と豊丘村の道の駅「南信州とよおかマルシェ」が二駅合同の記念きっぷを作製した。二駅の切符を並べるとデザインがつながる仕掛けで、さらなる誘客を目指す。両駅は今後、イベントや企画でも連携するほか、南信州の他の道の駅にも呼び掛けたい考えだ。
 記念きっぷは表面に駅名が記され、希望すれば日付を印字することができる。裏面には各駅のオリジナルデザインが描かれ、道の駅を訪れた記念として買い求めるコレクターも多いという。
 合同記念きっぷでは裏面のオリジナルデザインをそろえ、二駅の切符を並べると自然豊かな南信州の山々がつながるようにした。それぞれの村のイメージキャラクターや特産品のイラスト、来村を呼び掛けるメッセージもあしらった。
 両駅は今後、秋の収穫祭などのイベントで互いに出店するなどして連携するほか、南信州にある両駅以外の五つの道の駅にも、合同記念きっぷやイベントなどでの連携を呼び掛けていくという。とよおかマルシェの岡田敬駅長は「切符をきっかけに南信州が一つになり、知名度向上や誘客を図りたい」と意気込んだ。
 合同記念きっぷは一枚百八十円(税込み)で、両駅の案内所や売店で購入できる。
 (寺岡葵)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

長野 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索