軍服など44点消える 津の香良洲歴史資料館

 津市教育委員会は十六日、同市香良洲町の香良洲歴史資料館に展示していた三重海軍航空隊の飛行手袋一組とゴーグル一点が盗まれたとして、津南署に被害届を提出した。館内の倉庫に保管していた軍服や飛行服などの装備計四十二点もなくなっており、署と対応を協議している。
 同館は、太平洋戦争中に予科練教育を専門に行っていた三重海軍航空隊の跡地内にあり、予科練のOBが寄贈した当時の装備品を多数展示、保管している。
 市教委によると、十五日午前十一時ごろ、同館職員が、三階の航空隊展示室のマネキンに装備していた飛行手袋とゴーグルがなくなっていることに気付いた。十六日に全館を調査したところ、三階の倉庫に保管していた軍服や飛行服、階級章など装備品計四十二点もないことが判明した。
 同館では開館中は市の臨時職員一人が常駐しているが、マネキンは展示ケースに入っておらず、装備品がなくなった倉庫は施錠されていなかった。市教委は再発防止のため展示の固定や倉庫の施錠をするという。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

あわせて読む

東海/北陸の主要なニュース

三重 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る