十四日午後四時十五分ごろ、金沢市寺地二の県道交差点で、同市円光寺一の火災現場に向かう消防ポンプ車と軽貨物車が出合い頭に衝突した。はずみで消防車が横転し、軽貨物車は歩道で信号待ちしていた自転車の中学三年の男子生徒(15)と接触した。計五人が軽傷とみられる。
 市消防局によると、市第一消防団野町分団の消防車で、四十三歳の男性消防団員二人と五十九歳の男性団員が乗っていた。軽貨物車は男性(31)が運転していた。現場は片側二車線で、消防車が二車線ともふさぐ形となり、通行規制で付近は一時間ほど渋滞した。近くのインテリア店に勤める二十代男性は「ガガガッとひどい音が聞こえてびっくりした」と話した。
 市第一消防団の土谷守団長は「火災出動中のポンプ車が交通事故を起こし、市民にけがを負わせたことは誠に遺憾で、深くおわび申し上げる」とコメントを出した。