大相撲初場所(東京・両国国技館)四日目の十五日、関脇の朝乃山(富山市出身、高砂部屋)は小結阿炎(錣山部屋)に押し倒しで敗れた。連勝が止まり、三勝一敗となった。
 朝乃山は立ち合いから突っ張りの連打を受けて土俵際に追い込まれた。突き返したが、相手の勢いを止められず、あおむけに倒れ込んだ。
 五日目は東前頭筆頭の遠藤(石川県穴水町出身、追手風部屋)と対戦する。