岐阜市岩田西の智照院で十一日、「だるま供養」が開かれた。参拝客がだるまを持ち寄り、火を付ける「お焚(た)きあげ」をして供養しながら、一年間の感謝の気持ちを伝えた。
 県内外から集まった約三百のだるまが境内に積み上げられて火が付けられると、宮崎誠道住職がお経を唱え、参拝客が一人ずつ手を合わせた。
 禅宗の開祖の達磨(だるま)大師にあやかり、毎年開催。本堂では参拝者の家内安全を祈る法要もあった。
 (長崎高大)