◆時間や距離 制約少なく
 浜松市中区の聖隷浜松病院は2月から、自身のかかりつけ医とは別の医師から参考意見を聞く「セカンドオピニオン」をオンラインで始めた。パソコンやスマートフォンによるビデオ通話を使って、患者の時間や距離といった制約の解消につなげる。
 呼吸器内科、上部消化管外科、乳腺科、泌尿器科、耳鼻咽喉科など7診療科の医師が担当する。オンライン専門外来のシステム「CLINICS(クリニクス)」を使って他の医療機関を受診している患者の相談を受け付ける。予約はクリニクスから。原則20分で1万1000円で、10分ごとに追加料金5500円が必要となる。最長1時間まで。支払いはクレジットで決済する。
 担当の鈴木一史院長補佐は「セカンドオピニオンは患者がよりよい医療を納得して受けるための権利だが、現実には体調、病院までの距離や時間といったハードルがある。少しでも、そのハードルを下げることに役立ててもらえたら」と呼び掛けた。(問)同病院地域医療連絡室=053(474)8801

(鎌倉優太)