新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、彦根市の国宝・彦根城などでのファンとの交流を控えている市の人気キャラクター「ひこにゃん」の近況が、市公式キャラクター「いいのすけ」のツイッターで毎日、発信されている。
 ひこにゃんはしゃべれないのでツイッターのアカウントを持っておらず、代わりにいいのすけが日々の様子をつづっている。投稿には、三十秒から一分程度の動画が添えられており、ひこにゃんが元気な姿を見せている。
 ひこにゃんのお世話係の手伝いで法被を折り畳む姿や、月見用の団子と茶を手に満月の夜を楽しみに待つ愛らしい姿を公開。友達の動物たちとカード遊びやクイズを楽しむ場面や、部屋の中で釣りの練習をする様子も見せている。
 市の担当者は「会いたいと思ってくれているファンの方にネットを通じて元気な姿を紹介するとともに、和やかな雰囲気を届けたい」と話す。
 ひこにゃんは、一日三回、彦根城と四番町スクエア、彦根城博物館冠木門で、パフォーマンスやファンとの交流をしてきた。新型コロナウイルスの影響で、三月三十一日まで活動を中止しており、動画や画像は中止期間中、毎日、投稿する。
 (稲垣遥謹)