新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため臨時休館していた南知多ビーチランド(美浜町奥田)が、二十日から営業を再開した。各地から親子連れが訪れ、魚やアシカなどの生きものと触れ合ったり、イルカショーを楽しんだりしていた。
 同日から始まった開園四十周年記念のイルカショー「アニバーサリードルフィン」には、親子連れ三百人が来場。イルカたちによる大きなジャンプに「おおーっ」と歓声を上げたり、手をヒラヒラと振るような様子に「かわいい」「ばいばーい」と手を振ったりしていた。
 母とおばの三人で訪れた犬山市楽田小五年の河原唯さんは「魚が好きなので頼んで連れてきてもらった。ずっと家にいたので外出は久しぶり」と話していた。
 園では再開にあたり、感染防止対策を実施。屋内イベントは中止したほか、各棟の扉を開放、日に二回の清掃や殺菌を行っている。担当者は「通常の土日よりは少ないが、予想以上の方に来ていただいた。早くいつも通りの営業ができるようになれば」と願っていた。