県教委は二十四日、公立小中学校と県立学校の教諭ら計六人を同日付で懲戒処分にしたと発表した。
 福井地区の小学校の男性講師は昨年十二月、好意を持った女性の交際相手のアパートを見張ったり、撮影したりしたほか、女性が勤務する小学校の女子更衣室に侵入するなどのストーカー行為をしたとして、停職六日とした。この男性講師は二月に略式起訴され、同日付で依願退職した。監督責任で校長を口頭訓告、教頭を厳重注意とした。
 車検切れを知りながら車で出張して自転車に接触する事故を起こした奥越地区の小学校教諭を減給十分の一(二カ月)、校長を口頭訓告とした。
 他の四人は坂井地区の小学校校長、福井地区の中学校講師、嶺南地区の中学校教諭、奥越地区の県立学校教諭で、いずれも車で速度違反をしたため戒告処分にした。