津地方気象台は二十五日、津市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。暖冬の影響で昨年より三日早い。一週間ほどで見ごろを迎えるという。
 津市広明町の津偕楽公園の標本木が五、六輪咲くと開花となる。気象台の職員が午後三時ごろ、五〜十輪が咲いているのを確認した。この日は午前中から暖かな日差しが降り注ぎ、津の最高気温は四月上旬並みの一七・五度だった。
 同公園には露店が並び、桜を眺めながら園内を散策する親子連れや若者でにぎわった。気象台によると、二十六日も晴れて同程度の最高気温が見込まれるが、二十七日からは低気圧の影響で曇りや雨になるという。
 (鎌倉優太)