竜王町公民館で、各年代のひな人形セットや、町内の文化サークルのメンバーが手掛けたひな祭りにちなんだ作品を、展示している。四月三日まで。会期中無休。
 今年で三回目を迎えた「公民館フェスタ〜竜王のおひなさん〜」。大正−平成の七段飾りを中心にしたひな人形セットが、フロア一帯を美しく彩る。町文化協会による、ひな人形を利用した竹取物語の創作作品も目を引く。
 ひな祭りをテーマにした切り絵、写真、紙を重ね張りしたシャドーボックス、組みひもによる花結び、竹灯(あか)り(竹灯籠)は、町内の自主文化活動団体のメンバーの労作。
 木彫や陶芸、パッチワーク、冠句、折り紙、ちぎり絵、つまみ絵、つるし飾りのほか、園児の作品もある。
 山添信男館長は「多彩な作品がそろっており、ミニ文化祭の雰囲気を感じていただければ」と話していた。
 (松瀬晴行)