新型コロナウイルスの対策の最前線に立つ医療関係者を応援しようと、元県知事の国松善次さん(82)が理事長を務める福祉NPO「夢・同人」(彦根市)が一日から、募金活動を始めた。国松さんら二十人が栗東市出庭の出庭神社に集まり、コロナ終息祈願と寄付の呼び掛けを行った。
 寄付金は、県を通じて医師や看護師、検査技師など医療現場で働く人に届ける。国松さんは「医療現場の方々は極めて高いリスクの中で働き、その家族も不安を抱えながら送り出していると思う。県民みんなで、感謝と応援の気持ちを伝えようじゃないか」と、寄付を呼び掛けた。
 募集期間は六月末まで。一口千円で、何口でも可能。寄付金額に応じて所得税の軽減が受けられる。寄付は郵便振り込み=口座記号01000−1、口座番号22043、加入者名NPO法人夢・同人=へ。問い合わせは同NPO=0749(22)2353=へ。
 (岡屋京佑)