日赤県支部と、建設資材などを扱う福井市の吉岡幸(よしおかこう)は、新型コロナウイルス感染症に対処する医療従事者を励まそうと、同市二の宮一の同社テクノセンターの壁面を青くライトアップしている。
 同社は二〇一七年から、世界赤十字デー(八日)に合わせ、赤十字を浮かび上がらせる全国的な「レッドライトアッププロジェクト」に参加。今年は「感染のリスクと隣り合わせで奮闘されている医療従事者へ感謝の気持ちを伝えたい」(吉岡正盛社長)と、赤十字の表示と併せてライトアップすることにした。
 格子状の白壁の一部に、赤いアクリル板を張り付けて赤十字マークを表現。後ろの壁面を青色の発光ダイオード(LED)で照らしている。十日まで午後六〜十時に点灯する。

 (山口育江)