新型コロナウイルス感染の早期終息を願って、コンビニエンスストア「立山サンダーバード」(立山町横江)は、疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」と「クタベ」を描いたオリジナルグッズを作った。
 アマビエは江戸時代に肥後(現熊本県)に現れたとされ、人魚のようないでたちが特徴的。クタベは顔は人間、体は牛の姿をした霊獣で、立山に出現したとされる。いずれもその姿を見たり、描いたりすると病から逃れられるという言い伝えがある。感染が広まって以降、会員制交流サイト(SNS)上で注目が集まっていた。
 同店代表代行の伊藤敬吾さんが、アマビエとクタベをモチーフに描いたグッズを考案。ステッカー、ポストカード、缶バッジの三種類を作製した。すべて税込み三百円。
 同店によると、先月の販売開始以降、好評を博しているという。伊藤さんは「お守りのような感覚で購入してくれれば」と話した。 (山岸弓華)