惜しまれ今季の営業終了 きそふくしまスキー場

惜しまれ今季の営業終了  きそふくしまスキー場

 木曽町の「きそふくしまスキー場」が二十日、今季の営業を終えた。最終日は四百三十六人が訪れ、ゲレンデで思い思いにシュプールを描いていた。
 神奈川県鎌倉市から家族五人で来た主婦(44)は「スキーヤーだけで滑りやすく、家族連れが多くてのんびりした感じが好きです」と笑顔を見せた。名古屋市北区の会社員(30)は「電車でのアクセスがいいのでよく来ます。もう少し長く営業してほしい」と終了を惜しんだ。
 今季は予定通り昨年十二月二十九日にオープンしたが雪不足で、年末年始に一部のコースしか滑走できず、来場者は伸び悩んだ。それでも暖冬だった昨季より50・8%増の三万二千二百二十九人が訪れた。ただ、ピークの約十八万八千人には遠く及ばない。
 スキー場を運営するアスモグループの今孝志社長(63)は「来シーズンは早い時期の降雪があるといい」と期待した。
 町は二〇一七年度一般会計当初予算で、同グループに資金を貸すための基金に一億円の積み立てを計上している。
 (桜井祐二)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

20時24分更新

長野のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索