7月28日の“なにわの日”に、関ジャニ∞とジャニーズWEST、なにわ男子、Lilかんさい、Aぇ!groupら関西ジャニーズ勢70人以上が初めて同じステージに立つスペシャルイベント「Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025〜大好きなこの街から〜」を開催することが決定した。大阪某所から「ジャニーズネットオンライン」を通じて無観客ライブを生配信する。このほど各グループの代表メンバーが取材に応じ、意気込みを語った。

 イベントのタイトルを考案したのは、2025年の大阪・関西万博の地元出展パビリオンなどの企画を話し合う有識者懇話会の最年少委員を務めるなにわ男子の大西流星(18)。「2025年の大阪万博が開催される夢洲(ゆめしま)という場所にかけて『DREAM IsLAND』。自分たちが大好きな街を、世界に知っていただくという思いを込めて考えさせていただきました」

 新型コロナウイルスの感染拡大により、仕事環境に大きな影響が出ているイベントの運営スタッフと思いを共有しながら、明るく希望に満ちた未来への願いを込めたイベント。大阪のホットスポットで事前収録したVTRと、当日会場で披露するパートを組み合わせて配信する予定で、関西Jr.グループが中心となって計画を進めている。

 関ジャニ∞の村上信五(38)は「ようやく関西のジャニーズもこれだけの人が集まったことは喜ばしい。今回はわれわれ関ジャニ∞としては、若い力がメインになるようなサポート役に回りながら、大阪の良さを伝えていけるイベントになれば」とし、ジャニーズWESTの重岡大毅(27)も「関西で一つになるのはありそうでなかったことやから、まさに!という日にできるのは関西人としてやる意味感じる。すっごい楽しみです」と胸を躍らせた。

 それぞれのグループが持ち味を生かしながら、関西らしさもたっぷり取り入れる。Aぇ!groupの草間リチャード敬太(24)は「これまでやったことのない、キラキラ感を出したい」と宣言。Lilかんさいの嶋崎斗亜(16)は「セットリストの中にコントがありまして、僕たちがお笑いメインのところを初めて見せられるのをワクワクしています」と明かした。

 村上が「うち(関ジャニ∞)は今のところ俺のソロ一本でいこうかと。最近『歌うまなったね』とほめてもらえるから。ほな、(やしき)たかじんさんばりの、ギットギトの極上バラードを歌おうかと」とボケると、すかさず重岡が「うそついてますやん!」とツッコんで爆笑を誘った。

 ファンクラブ会員限定視聴券は2500円(税込み)、一般オンライン視聴券は3000円(同)。

8月に生配信ライブ

 ○…8月には大阪松竹座から、ジャニーズネットオンラインを通じてそれぞれのグループの生配信ライブを開催する。日程は以下の通り。

 ▼1日 ジャニーズWEST

 ▼8日 関ジャニ∞

 ▼11、12日 Aぇ!group、Lilかんさい、関西ジャニーズJr.

 ▼15、16日関西ジャニーズJr.

 ▼18、19日 なにわ男子

 ▼24、25日 Aぇ!group