女優の矢作穂香(23)が主演するドラマ「おしゃ家(いえ)ソムリエおしゃ子!」が、7月15日からテレビ東京で放送されることが決まった。インテリアがテーマのコメディーで、矢作のほか女優のMEGUMI(38)、富田望生(20)の出演も決定した。

 不動産情報サイトで連載されたWEB漫画の初ドラマ化。主人公「おしゃ子」は名門家のお嬢さまで、理想の相手を探すために男性宅を訪れては、部屋のおしゃれ度をチェックして強烈なダメだしを繰り返す。

 同局の新たな深夜ドラマ枠「水ドラ25」(水曜深夜1時28分)の第1弾。同局のドラマ初主演となる矢作は「インテリアについての指摘とかが、なるほど!と思えて、発見が多く読み応えのある台本」とコメント。「パロディー的な部分もあるので、気軽に笑いながら見ていただけたらうれしいです」とPRした。

 おしゃ子の相談相手役のMEGUMIは「世界観がかわいいので、女性の方は見ていてワクワクするんじゃないかな」と共感。自身のインテリアのこだわりについては「60年代のアメリカの家具がすごく好きで、家はビンテージのものばかりなんです」と明かした。