ミュージシャンの長渕剛と元女優の志穂美悦子さんの長女で、女優の文音(32)がコメディーに初挑戦した主演映画「いけいけ!バカオンナ〜我が道を行け〜」(永田琴監督、7月31日公開)の完成披露会見が29日、東京都内で開かれた。

 「Kiss」(講談社)で連載された鈴木由美子さんの同名漫画を実写化。アラサー女子の友情や恋愛を描く。文音が演じる主人公の杉山結子は、外ではイケイケ、私生活では地味で質素な生活を送る見栄っ張り。親友の中川エミや澤野セツコと“オンナのあるある”が詰め込まれた内容になっている。

 石田ニコル(30)、真魚(28)とともに会見に臨んだ文音は「女性ならでは、共感できるポイントがたくさんあると思います。ガールズが自分の手で幸せをつかむ話になって、すごくパワフルな応援ムービーになりました」とアピールした。

 その上で「マスクして劇場に来て、大きな口を開けて、大声で恥ずかしがらずに笑ってすっきりしてもらって『自分にとっての幸せってなんだろう?』とか、ちょっと勇気をもらってくれたらうれしいです」と呼び掛けた。