ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が10日、ニコニコ生放送「YOSHIKI CHANNEL」を通じて米ロサンゼルスの自宅からの動画生配信で重大発表をする予定だったが、その内容に関わる仕事がこの日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で急きょ中止となったため、発表を見送った。また、予定の変更により仕事場からの中継となったため、動画ではなく電話の音声による生配信となった。

 YOSHIKIは「今までやったことのないような、シークレットプロジェクトの準備をしています。今日は大きな撮影をする予定が(新型)コロナウイルスで急きょ延期となりました」と説明。この日は内容の発表ができなくなったことを謝罪した上で、「ヒントだけでもインスタ(グラム)に上げます」と語り、「YOSHIKI」の名前が書かれたドラムセットの画像を公開した。

 そして「数週間以内にいくつか新たな発表ができると思います」と宣言したものの「もともとオオカミ男? オオカミ少年みたいだもんな、俺」と、度重なる“有言不実行”を自虐的にわびた。

 さらに「今、YOSHIKIの腕時計『YOSHIKIウオッチ』を作ろうって話があるんだけど、俺の時計って時間合わないないんじゃないかな? ミーティングに遅れたとき、『YOSHIKIの時計のせいで遅れちゃった』って言い訳できるでしょ? いいな、俺も欲しい!」と笑わせた。

 音声のみによる配信となったため、仕事場からピアノの生演奏をプレゼントしたり、ファンとの生電話を急きょ企画。その中で20代のころクラシックバレエをやっていたことを初めて明かし、ファンを驚かせた。

 一方で、「日本では雨がすごく降ったという話を聞きました。温暖化の影響かな? 九州でこんなに人が亡くなったんですね。とても心配です」と気遣っていた。