◇30日 巨人―ヤクルト(東京ドーム)

 打った瞬間、それと確信した。巨人・岡本和真(24)が第28号の2ラン本塁打を放った。本塁打数と打点でリーグトップを堅持。悠々とダイヤモンドを一周した。

 0―1で迎えた3回だった。2死2塁で迎えた第2打席。ヤクルトの先発・歳内が5球目に投じた直球をバット一閃。打球は左翼席に一直線に伸びていく。起死回生の逆転2ラン。白熱するキング争いでも同僚の丸、阪神・大山、ヤクルト・村上の3人に2本差をつける一撃となった。