◇30日 樋口久子三菱電機レディス第1日(武蔵丘GC)

 単独首位発進を決めたのは渋野と同じ黄金世代の旗振り役、勝みなみ。5バーディー、ノーボギーの67で今季初勝利へ向け絶好スタートだ。

 今季はやや低迷していたが、前々週の富士通レディースでは最終日69で追い上げシーズンベストの12位フィニッシュ。「日本女子オープンからショットの調子が少しずつ上がってきてて、あとはかみ合えばという感じでした。パッティングは前からよかったし、肩を全力で回ることを意識したらショットも右にふけなくなった」という。

 残り5試合。「気持ちも乗って来てるので、最後は畳みかけていきたい」と話した。