◇26日 ロッテ―オリックス(ZOZOマリン)

 ロッテのブランドン・レアード内野手(32)が26日、ZOZOマリンスタジアムでのオリックス戦で2日ぶりとなる4号ソロ本塁打を放った。3点を追う4回先頭で2番手の鈴木優の2球目を左翼席にたたき込んだ。

 24日に打った一発と同じロッテアイス「雪見だいふく」の看板にヒット。チームでは無観客試合期間中は左翼席にアイス8種類の看板を設置。味方選手の本塁打が当たった場合はファン5人と打った本人に「アイスひと夏分」(90個)が贈られるプレゼント企画「ホームランターゲット」を展開しており、レアードは雪見だいふく180個分を早くも手にした。

 ベンチ前ではお約束の「すしパフォーマンス」を披露し、「打ったのはフォークボールかな。早く追いつけるようにしたいね。幕張スシ、さいGO!(さあ、行こう、最高) 幕張アイスもさいGO!(さあ、行こう、最高)」と喜んだ。

 オリックスは先発の山岡泰輔投手(24)が1回裏に3球を投げたところで左脇腹の違和感を訴えて降板。2番手の鈴木優との最初の打席は見逃し三振に倒れ、2打席目でアーチを描いた。