◇26日 広島4-1中日(ナゴヤドーム)

 中日は本拠地ナゴヤドーム初戦となった26日の広島戦に1―4で敗れ、4連敗となった。

 この日は2番に武田を起用。今季7試合で早くも6通り目となるオーダーを組み、昨季6度の対戦で4敗を喫した天敵・大瀬良に挑んだ。しかし、その打線は、2回に加藤の内野ゴロの間に1点を奪ったのみで、凡打の山を築いた。

 先発の大野雄も鈴木誠に2打席連続本塁打を浴びるなど、3本の本塁打を打たれ4失点。追う試合展開の中、終盤8、9回には好機を作ったものの、8回は福田の強烈なゴロが遊撃・田中広の正面を突き、9回は平田の三遊間を破ろうかという当たりを広島の三塁・三好の好守に阻まれた。

 大瀬良を追い詰めはしたが、あと1本が出ず、与田監督は「タラレバ言ったらしょうがないので。何とか、ここをみんなで乗り切っていかないといけないと思います」と話した。