◇27日 中日6ー1広島(ナゴヤドーム)

 中日・高橋周平内野手(26)が今季8試合目で早くも4度目のマルチ安打を放った。1点を先制した後の1回2死三塁。追い込まれてから5球目のツーシームをうまく拾い上げて中前に運んだ。「もう1点と思い、打席に入りました。簡単に追い込まれてしまいましたが、気持ちを切り替えることができたので対応できたと思います」と納得の一打。3回にも右前打を放ち、4割6厘と高打率をキープしている。