◇28日 ヤクルトー巨人(神宮)

 巨人の丸佳浩外野手(31)が復調の気配をみせた。2回。増田大の押し出し四球で先制し、なお2死満塁。1ストライクからヤクルトの先発山田大のスライダーに合わせると打球はライナーで右前へ。これが2点適時打になり貴重な追加点をあげた。

 

 「久しぶりに芯に当たった感じです。バンザーイな気分ですね」

 これに呼応するように坂本、岡本にも連続適時打が飛び出し、この回一挙5点を奪った。

 丸はこの日2試合ぶりに「2番」で出場。これまで8試合で打率1割2分9厘と本来の数字からは程遠かったが、これで4試合連続安打と徐々にエンジンがかかってきた。