◇28日 ヤクルト0ー12巨人(神宮)

 巨人は打線が爆発し、今季最多の12得点でがっちり首位をキープした。2回に丸、坂本、岡本の3者連続適時打などで5点を先制。2番に入った丸は、復調気配を見せた一打に「久しぶりに芯に当たった感じです。バンザーイな気分ですね」とおどけた。

 4回にも坂本の2打席連続適時打などで3点を追加。6回には4番・岡本が「しっかりとらえることができましたね」と振り返る4号ソロが飛びし、出迎えたG戦士も思わず最敬礼した。

 大量援護をもらった先発のサンチェスは4四球を与えたが、150キロ台の直球と変化球のコンビネーションを武器に6イニング3安打無失点で今季2勝目。投打の歯車ががっちりかみ合う原巨人が連覇へ向け視界良好だ。