中日は29日、堂上直倫内野手(31)が名古屋市内の病院で検査を受け、右肩の腱板不全損傷と診断されたと発表した。同日、出場選手登録を抹消された。

 28日の広島戦(ナゴヤドーム)の9回に代打で出場した際、スイングした際に右肩に痛みを感じていたという。

 堂上は今季ここまで安打こそないが、19日のヤクルトとの開幕戦(神宮)では決勝犠飛を放っていた。