1年延期された東京五輪を目指す7人制ラグビーの男子日本代表候補メンバーが29日、東京と福岡で合同練習をスタートした。練習場所は非公表で、東京会場での練習後、小沢大(31)=トヨタ自動車から日本ラグビー協会へ出向中=がオンライン会見に応じ、「まだ少人数で、距離を開けるなど段階的な再開ですが、仲間と一緒にやれることにはうれしさを感じました」と話した。

 五輪の1年延期については「去年の7月に首を手術したので、1年延期された分、自分のパフォーマンスもあげられる。五輪でメダルを取るという目標にはポジティブな要素ととらえて、すんなり切り替えられました」と前向きにとらえた。

 1月31日に女児が誕生し、自粛期間中は茨城県にある夫人の実家に滞在したそうで、「午前中は公園などでトレーニングをして、午後は子供の面倒を見たりしていました。1年後なら、子供も少しは分かると思うので、オリンピックでプレーする姿を見せたい。いいモチベーションになっています」と話した。

 日本協会によると、この日の東京での練習には6人が参加。7人制日本代表候補選手たちは今後、北海道、名古屋、大阪も含めた全国5箇所に分散し、週1回程度集合して合同練習を実施。7月末をメドに全体で集合する合宿を再開する方向で調整中という。