大相撲7月場所(7月19日初日、東京・両国国技館)の無観客開催を目指している日本相撲協会は29日、執行部で今後についての話し合いを行った。

 ぶつかり稽古は解禁となったが、出稽古については芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「今の段階では難しい」と説明した。「通常の形でやれるのは9月場所だろうという話。今の状況では通常の形でできないだろうねと。ガイドラインというのを今まとめている。支度部屋で力士はマスクをするなどのガイドラインを精査している」と専門家の意見を聞きながら細かい作業を続けていくという。

 出稽古が解禁されないと、部屋に関取が1人の場合はぶっつけ本番で臨む形となり、仕上がり具合に差が出る可能性がある。また、新弟子検査は5月、7月を合わせて7月13日に行うことが決まった。