◇30日 巨人−DeNA(東京ドーム)

 巨人の岡本和真内野手(24)が、バースデー同点打を放った。1点を追う6回1死一、二塁から、DeNAの2番手国吉の外角141キロを弾き返した。打球はライナーで右翼線へ。これが適時打になり、岡本は一塁上で右手を突き上げ、喜びを爆発させた。

 この日24歳の誕生日を迎えた若き4番は「打ったのはスライダー。心の底から『きれるな!』と思いました。打てて良かった」とコメントした。