◇30日 巨人5−2DeNA(東京ドーム)

 巨人の丸佳浩外野手(31)に待望の一発が飛び出した。1点リードの8回の先頭。エスコバーの155キロ直球を右翼席に運び、これが今季1号となった。その後、岡本にも一発が出たことから、丸は「岡本さんと一緒にホームランが打てて光栄です。岡本さんとアベックホームランが打てて人生の良い思い出になりました」とコメントした。

 ここまで打率1割台と苦しんできたことから、原監督は「本人と私は同じくらいうれしいと思います。いつかは出ると思いながらもね、1本出たというのは、本人の中でも大きいと思いますね」とうなずいていた。