▽1日 中日−阪神(ナゴヤドーム)

 中日の高橋周平内野手(26)が4回に同点打を放った。1点を追う2死三塁で打席に入ると1ボールから阪神先発・秋山の外角137キロを中前へ運び「ランナーをかえせてよかった」と胸をなで下ろした。一方、2月の実戦から無失点投球を続けていた秋山は38イニング目にして初めての失点。さらに続く阿部の三ゴロで二塁封殺を狙った三塁手・マルテが悪送球し、一気に高橋が生還。中日が逆転した。