▽1日 中日6−3阪神(ナゴヤドーム)

 中日が連夜の“虎狩り”で今季初の連勝を飾った。1日に行われた阪神戦(ナゴヤドーム)で6点を奪って快勝した。0―1で迎えた4回に高橋の中前適時打で追い付くと、敵失も絡んで逆転に成功。続く5回には平田とビシエドが適時打を放つなど、打者9人の猛攻で4安打を浴びせて4点を追加した。

 先発の山本拓実投手(20)は6イニング2失点と粘りの投球で今季初白星。「リードしたまま次の投手に渡すことができて良かったが、6回にもったいない点の取られ方をしてしまった。次回はもっとイニングを延ばせるようにしたいし、きょうの反省と収穫を生かしてしっかりまたやっていきたい」と振り返った。