◇NPB実行委員会で確認

 日本野球機構(NPB)は6日、ウェブ会議システムで実行委員会などを開き、今秋の日本シリーズでは原則として出場球団の本拠地球場を使用することを決めた。球場を確保できない球団は本拠地に近いエリアでの代替球場での開催を検討するという。

 新型コロナウイルスの影響で、今年の日本シリーズは11月21日に開幕。第1、2戦と第6、7戦はセ・リーグの本拠地、第3〜5戦はパ・リーグの本拠地で開催される。社会人の都市対抗野球は同22日から12日間、東京ドームで開催される方針を確認しており、巨人が日本シリーズに進んだ場合は首都圏の他球場で実施される見通し。

 また、延長は従来通り12回まで。新型コロナの影響などによってシリーズ途中で打ち切りとなる場合の対応は引き続き検討する。