◇10日 中日3―2広島(ナゴヤD)

 中日・木下拓哉捕手(28)が、攻守両面でいい働きを見せた。

 「8番・捕手」でスタメン出場し、5回1死二塁で同点の中前適時打。「気持ちで打ちました!」と話した男は、犠打も2つ決めた。特に9回無死一、二塁では、大島の同点犠飛につなげる貴重な送りバントとなった。

 守っても4投手を好リード。与田監督も「同点のタイムリーもそうだし、そういったところで今日は木下が攻守ともによく活躍してくれた」と話した。