◇20日 練習試合 広島3−4中日(マツダ)

 中日の守護神候補・岡田俊哉投手(28)が味方のミスにも動じず、何とか試合を締めた。

 3点リードの9回に登板。2死から連打で一、三塁とされると、会沢の右翼前への飛球を根尾と渡辺がお見合いして1失点。なおも一、三塁から堂林の遊ゴロを京田が悪送球し、1点差に迫られた。

 最後は高橋大を空振り三振に仕留め「僕は今日から開幕だと思ってやっているので、勝ったことが一番です」と胸をなで下ろした。