ヤクルト・嶋基宏捕手(35)が21日、練習試合の阪神戦(神宮)で右手親指付近に死球を受け、無念の離脱を余儀なくされた。

 「8番・捕手」で先発出場した4回の第2打席だった。阪神先発・中田が投じたフルカウントからの6球目が右手親指付近に直撃。その場に倒れ込むと激痛にもん絶した。代走が送られ途中交代すると都内の病院へ。検査の結果、骨折していることが判明した。

 試合後の高津監督は「ショックだね。本人が1番ショックだろうけど」と沈痛の面持ち。出場機会を求めて楽天から加入したベテラン捕手の心情を察した。