◇21日・トレーニングマッチ 札幌4−2鹿島(カシマスタジアム)

 札幌は日本代表FW鈴木武蔵の2発で試合を2度振りだしに戻し、終盤に突き放した。0ー1の後半18分に右クロスを頭で押し込み、1ー2の同33分にも右足で直接FKを沈めた殊勲者は「攻撃の形としてはすごくよかった場面があった」と手応え十分といった様子だった。

 ただ、好機を逃すシーンも何度かあり「もっともっと、ゴール前での(プレーの)質を上げていかなければいけないと思う」と課題も口にした。