6回から2番手で登板。ただ、予定イニングは4イニングに設定されていた。気持ちは先発と同じ。山本は立ち上がりを意識してマウンドに上がった。

 先頭の菊池涼を4球全て変化球で勝負し、空振り三振。西川は歩かせたが、鈴木誠、松山の強打者を抑えた。「前回、立ち上がりが不安定だった。課題として入ったが、ストライク先行で良かったと思います」。1イニング目をゼロで抑え、納得顔を浮かべた。

 前回14日のロッテとのオープン戦(ナゴヤドーム)では、初回、先頭打者の福田光にいきなり一発を浴びた。前々回の5日の教育リーグ・オリックス戦(オセアン)でも1回に山足に本塁打を許していた。鬼門の初回を突破し、阿波野投手コーチも「初回を意識した中で乗り越えてくれた」と目を細めた。