タレントで医師の西川史子(48)が22日、レギュラー出演するTBS系の情報番組「サンデー・ジャポン」の終盤で、出演者に拍手を送られて涙をぬぐい、「お世話になりました。ありがとうございました」と視聴者にあいさつした。西川はこの日で番組を「卒業」した。

 司会の「爆笑問題」の太田光(54)が「西川さん、あんたが番組で見せてくれた生きざまは素晴らしかったです。持ち込んだ企画はことごとく2、3回で終わり…」と読み上げた自作の「卒業証書」に、西川は涙をぬぐい、神妙に聴き入った。

 出演した15年について西川は「長かったですね。プライベートを全部持ち込んでいました。テレビは趣味なんで取り上げないでください」と名残惜しそう。「来週は裏番組に出るらしいです」との周囲の危惧に、西川は「(フジテレビ系の)『ワイドナショー』とかね」。

 青木裕子アナ(37)、田中みな実アナ(33)ら過去の出演者について「サンジャポとかかわりを絶つとみんな幸せになる」と太田が振り返ると、西川は「(サンジャポは)生活の一部だったんで」。太田は「これからどうすればいいかと田中らに相談したのが一番の間違い」と諭すと、西川は「自分を磨けといわれました」と笑った。

 西川はタレントを継続しつつ、美容医療の医師としての仕事に力を入れる。