俳優の竹内涼真(26)が22日、TBS系「アッコにおまかせ!」に出演し、同日午後9時から最終話を迎えるTBS日曜劇場「テセウスの船」をPR。黒幕が誰かに注目が集まる中、番組の冒頭からMCの和田アキ子(69)から「ちょっとぐらい教えられる?」と聞かれた竹内は笑顔で「ダメです」と説明。その後、撮影時の新型コロナウイルス対策などを披露した。

 現代から過去にタイムスリップする田村心を演じる竹内は「現場では全員マスクを着用して、消毒だったりとか体温計が置いてあって、自己判断で自分の体温を測って熱があったりしたら病院に行くとか、自己判断でしかない」と話すと、新型コロナウイルスの感染拡大については「ニュースとか見ていると、国によってレベルが違う。そこは不安に思っている人はたくさんいると思う」と感想を口にした。それを聞いた和田が「ドラマの現場で君、ニュースを見る時間あったんか。あんな緊迫しているところなのに」と質問すると「ありますよ。世間から置いていかれたくないんで」と答えた。

 最後に竹内は「田村心は家族を救うことができるのか。本当の黒幕は誰なのか。最終回で全ての謎が明らかになります。25分拡大なので、今夜9時、ぜひ見てください。さっき(ドラマが)できたそうです」とPRしていた。