◇大相撲春場所千秋楽(22日・エディオンアリーナ大阪)

 大相撲春場所の三賞選考委員会が開かれ、殊勲賞は西前頭5枚目・阿武咲(23)=阿武松=が初受賞した。10日目、横綱白鵬に今場所初めて土をつけたことが評価された。

 敢闘賞は東前頭9枚目・隆の勝(25)=千賀ノ浦。14日目までに自己最多の11勝を挙げ、初めて三賞を獲得した。技能賞は、終盤まで先頭に立っていた西前頭13枚目・碧山(33)=春日野=が初めて受賞した。