史上初の無観客開催となった大相撲春場所は22日、千秋楽を迎え、NHK総合テレビが全取り組み後に催された出世力士手打ち式と神送りの儀式を異例の完全生中継した。通常であれば、午後6時に終了する放送時間に間に合わないことがほとんどだが、白鵬の44回目の優勝が決まった結びの一番や表彰式が早く終わったことから儀式のもようを最後までカバーすることができた。

 神送りの儀式では御幣を携えた行司が土俵の真ん中で力士から胴上げされるなど物珍しさが評判を呼び、ツイッターでも「表彰式がコンパクトだったので、出世力士手打式と神送りの儀式が見れたのは貴重でした」「これは激レアだね」「普段見られない神送りの儀式とかも感動したよ」と上々の反応があった。

 行司の胴上げは土俵に降りてきた神様を天に送り返すために行う。