◇22日 大相撲春場所千秋楽(エディオンアリーナ大阪)

 史上初めて無観客で行われた静寂の場所で、横綱白鵬(35)=宮城野=が横綱同士による相星決戦で鶴竜(34)=陸奥=を寄り切り、13勝2敗で2場所ぶり44度目の優勝を決めた。関脇朝乃山(26)=高砂=が大関昇進を確実にした。大関貴景勝(23)=千賀ノ浦=を押し倒して11勝4敗。貴景勝には3連勝で、直近の3場所を計32勝13敗とした。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は、昇進を諮る臨時理事会の開催を了承。25日に「新大関朝乃山」が誕生する。

 世界中が不安に覆い尽くされている。だからこそ大相撲の力を見せたかった。自分のためではなく、世界に向けて。その思いが、史上初の無観客場所で白鵬を優勝に導いた。

 鶴竜との千秋楽相星決戦。右四つから巻き替えの応酬で、最後は再び右四つから寄り切り。自身が持つ最多記録を更新する44回目の優勝だったが、白鵬に笑顔はなかった。

 「喜ぶというより、無事に終わったというのが先ですね。こういったことが少なくなり、世界的に安心、安全が戻ったとき、喜びというのは湧いてくる。土俵入りを録画してチェックした。何千万人が見ていると意識しながら、やってこられたと思います」

 2011年の東日本大震災後の最初の場所でも優勝を飾った。これまでも自分のためではなく、大相撲の力を信じて戦ってきたことは何度もある。ただ、今場所はいつも以上に疲労感をにじませていた。

 「ようやく終わったなという。無事を祈りながら、全部終わったというのが。ホッとしてますけど。初日、ふたを開けると想像以上のものがあった。一日一番、集中してやりましたが、2つ星を落としましたけど、気持ちの持ち方で厳しいものがありました」

 東京五輪までの現役続行を目標にしてきたが、その先行きは不透明。だが、35歳0カ月での優勝は横綱として千代の富士の35歳5カ月に次ぐ史上2位(年6場所制となった1958年以降)。「憧れの大横綱と同じ年で賜杯を抱いたのは、自分をほめたいなと思いますね」。まだ、目指すものはある。