日本野球機構(NPB)と日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が連携した第4回新型コロナウイルス対策連絡会議が23日、東京都港区のNPB事務局で行われ、座長の東北医科薬科大・賀来満夫特任教授をはじめとする専門家チームから、早期のプロ野球開幕、Jリーグの再開は非常に難しいとの提言が出された。  

 賀来座長は会議後の会見で「現段階では春に早期に開催は非常に難しいと申し上げた。日時はできる限り遅らせていただきたいと申し上げた」と語った。日本国内では感染拡大をどうにか抑えている一方、ヨーロッパを中心に海外で急速に感染が拡大。開幕や再開の目標については「個人的には4月の初めでなく、後半にやっていただきたい」と見解を示した。プロ野球は最短で4月10日の開幕、Jリーグは最短で4月3日の再開を目標としていたが、それは難しいとの見解だ。  提言を受け、プロ野球は午後の12球団代表者会議で話し合いをするが、斉藤惇コミッショナーは「今の状況でわれわれの準備ができれば、(開幕は)4月後半かなという感じがしている」とコメントした。後半となれば24日が次の目標となってくる。