タレントの長嶋一茂(54)が23日、コメンテーターを務めるTBS系朝の情報番組「あさチャン!」に出演。前日に新型コロナウイルス拡大の影響の中、開催を強行した格闘技K−1の年間最大イベント「K′FESTA.3」で解説を務めたことに触れた。

 長嶋一茂は「ストレスがたまっている方は別にあの〜もちろんK−1の関係者だけではなくて、全国民的にたまっているわけで、ここは痛みを分かち合わなきゃいけないわけで、自粛の方向でというのは僕も十分わかりますけど」と前置きしつつ「自分の立場として仕事として呼ばれた以上、じゃあ、自粛しろって言いに行った方がいいのかって…」と心境を吐露した。これには司会の夏目三久アナウンサーが「一茂さんのお立場も苦しいと思います」とフォロー。長嶋一茂は「すげえ、コメントしづらいんだけど…」と苦笑いするしかなかった。さらに「怒られてる気もするし、オレが注意しろって言われてる気もするし…。うーん、ここ困るところだね」と複雑な立場であることを明かした。