26日に始まる東京五輪の聖火リレーで、福島県のJヴィレッジからスタートする第1走者を務めるのが2011年サッカー女子ワールドカップで優勝した日本代表「なでしこジャパン」。そのメンバーの1人、川澄奈穂美選手(34)が自身のツイッターで辞退する意向を明かした。

「新型コロナウイルスの影響で、今回の聖火リレー走者を辞退いたします」。川澄は現在、米国女子リーグのNWSLのスカイ・ブルーに所属。「米国在住の為移動時にリスクが高いこと、自分が感染しない・感染源にならないこと、チームやファンの方々に迷惑をかけないことなどを考慮し決断しました。一日も早い終息と皆様の健康を心から願っています」とつづり、苦渋の決断だったことを明かした。