新型コロナウイルスの感染拡大で開幕戦が延期されたプロ野球の12球団は23日、日本野球機構(NPB)で代表者会議を開き、開幕目標を「4月10日」から「4月24日」に切り替えることで合意した。

 この開幕案に伴い、無観客で実施されている練習試合のスケジュールも変更される。セ・リーグは24〜25日の2連戦で1度打ち切り、4月14日からの6連戦を再び練習試合として実施。パ・リーグは24日からの試合を取りやめ、4月10日から練習試合を再開する。

 パ理事長の横田連盟担当は「いつ開幕か分からない中で練習試合を続けていくつらさも選手にはある」と説明。セ理事長のDeNA・三原球団代表も同調し、「1つの目盛り(開幕)をつけることで選手の調整もスムーズにいく」と話した。