女優の吉柳咲良(15)が23日、東京都内で取材に応じ、自身の中学校の卒業式について、新型コロナウイルスの影響で式は保護者と卒業生だけで行われ、卒業証書を受け取る時には「舞台に立っているはずなのに…なんだろうこの緊張感」と思ったことを明かした。

 中学の3年間はミュージカル「ピーターパン」で主演を張った月日で「歌は一番自信をもてた部分かな」と胸を張った。4年目の今年は8月2日に開幕予定。フック船長役は俳優の松平健(66)で「威圧感があって強そうで負けそうになる。負けないように頑張りたい」と意気込みを語った。

 大ヒットアニメ映画「天気の子」では声優としてヒロインの弟役を担当、舞台「デスノート THE MUSICAL」では弥海砂役を演じるなど幅を広げている。高校での目標は「JKがすることをやってみたい。でも流行に乗れてなくて…『タピオカはもう終わったよ』って友達に言われちゃいました」とはにかんだ。