俳優の唐沢寿明(56)が10月からテレビ朝日系で放送される、世界的に大ヒットした米ドラマ「24−TWENTY FOUR−」を、日本版にリメークした「24 JAPAN」の主人公・獅堂現馬(しどう・げんば)を演じることが決定した。

 日本版のストーリーは、米国史上初のアフリカ系大統領が誕生するまでの1日が描かれたオリジナル版のシーズン1を採用。24時間を24話で描く設定はそのままに、テロのターゲットを女性首相候補に変更して、日本初の女性首相が誕生するまでの24時間を描く。

 米国版の主人公はジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)だったが、唐沢が演じる獅堂は、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長。日本初の女性首相誕生が期待される総選挙当日、獅堂のまな娘が誘拐される事件が発生する。

 このほど都内で取材に応じた唐沢は、もともと何十回も見るほど「24」の大ファン。1年前にオファーを受けたというが、「俺のキャリア史上、一番たたかれるんじゃない。ほかのヤツがやるなら『できるわけねーだろ』って言うもん。好きな作品だから人にやられたくない」とあえて“逆風”を覚悟。

 そう力を込める理由を、「(リメークドラマの)『白い巨塔』の時も『唐沢にできるわけないだろ!』って、最初は言われたし」と説明。「『24』はストーリーがちゃんとしてるんで、俳優として仕事をちゃんとしていれば、違和感がなくなって来ると思う」と話した。

 視聴者に対しては、「建設的な意見があるなら言ってほしいし、生かしたい。視聴者も巻き込んで、面白いものをつくっていきたい。こういう大作にはそういうパワーが必要」と真摯(しんし)に呼び掛けた。

 ハードな撮影に向け、ケガをしない体づくりを心掛け、役づくりは万全。「どの作品も毎回そうだけど、今回も俳優生命を懸けてやりたい」と並々ならぬ意気込みをのぞかせた。

<「24−TWENTY FOUR−」> 米の放送局・FOXで放送されたアクション・テレビドラマ。アメリカの架空の連邦機関CTU(テロ対策ユニット)ロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーのテロとの戦いを描く。2001年に米国でシーズン1の放送がスタート、その後世界各国で放送され国際的人気が巻き起こった。シーズン8に続き、全12話の「リブ・アナザー・デイ」も放送された。

 日本では03年にビデオ化されレンタルビデオによって人気が爆発。シリーズ累計レンタル回数3億回という異例の記録も作り、ビデオ店の前にファンが行列を作るほどの人気ぶりだった。